お知らせ

カテゴリー「介護保険制度改定について」の記事一覧

介護保険見直しの影響について テレビ放映

2016.07.21 介護保険制度改定について

こんにちは。ひまわりの山田です。

介護保険制度見直しの影響について、広島県で、取材された内容がテレビ放送されました。
利用者様のお声として、とてもわかり易い内容にまとまっておりますので是非ご覧いただければと思います。

必要な時に必要なサービスが受けられること。
利用者様の切実なお声が反映されるよう、今後も注目して参りたいと思います。

◆7月13日放映。RCC中国放送 健康医療サイト

介護保険自己負担化の波紋

(画面を下にずらし、「見る・聞く」に掲載されています。)

 

「どうする!介護保険制度の大改定」公開討論会

2016.06.27 介護保険制度改定について

こんにちは。ひまわりの山田です。

去る6月23日、「どうする!介護保険制度の大改定」公開討論会に出席してき ました。

この討論会は、現在財務省が骨太の方針で提言している、 次期介護保険改正について、要支援1から要介護2までの住宅改修工事、 福祉用具レンタル、訪問介護の生活援助が全額自費負担となることに 対する反対集会です。

集会には約800名が集まり、壇上では危機感を持った利用者、ケアマネ、
福祉用具、認知症を抱える家族ら各界の代表者が熱い討論を行いました。

私も壇上に上がり、介護保険制度の大改定について 一言意見をさせていただきました。
こちらは会場の様子です。

国民会議 演説

 

写真はチラシと会場で配られていたバッジです。

チラシ バッチ

 

今後も、介護現場からの声を重きに受け止め、 給付制限の提起に反対する活動を 積極的に続けていきたいと思います。
?

?

軽度者への福祉用具貸与の継続を求める意見書について

2016.06.21 介護保険制度改定について

5月27日に、全国福祉用具専門相談員協会 兵庫県 山田ブロック長(ひまわり副社長)と
日本福祉用具供給協会 兵庫県 吉川ブロック長が、 兵庫県議員 政務調査会長 谷井勲議員と
兵庫県本部 青年局長 しま山清史議員を訪問し、 軽度者への福祉用具貸与の継続を求める意見書の
提出をお願いしてまいりました。

その後、6月10日、兵庫県議会から、 介護が必要な方の、生活を支える観点から、検討を行うよう要望する意見書が提出されました。

意見書の提出先は以下の通りです。

 

衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、 内閣官房長官、総務大臣、財務大臣、厚生労働大臣

 

株式会社ひまわりでは、これからも積極的に 軽度者への福祉用具貸与の継続を求める活動を
推進してまいります。

このページのトップに戻る